クレーター肌を皮膚科で治療する前に

 

ニキビ痕のクレーター肌を治療しようと考えている人に
知っておいてもらいたい事についてまとめてみました。
クレーター肌とは、ニキビが出来た後に
傷跡のように肌が部分的にくぼんでしまい、
月面のクレーターのようにブツブツになってしまった肌の事です。
今までは、このクレーター肌を治療するには手術するしか方法がありませんでした。
まずは皮膚科医での治療にはどんなものがあるのか?を見ていきましょう。

皮膚科での治療方法

 

外用レチノイドの塗布

 

毛穴の詰まりを取り除く塗り薬です。
初期のニキビに効果があるものの、
恒久的な予防にはならず、後期のニキビである赤ニキビや黄ニキビには
効果が薄いのが特徴です。

 

抗菌薬の塗布及び服用

 

塗り薬と飲み薬があり、
炎症反応をおこしてるニキビ治療に使用します。
服用での飲み薬は、その行為の通り、飲む事でニキビの
対象患部のみならず全身に効果を発揮してしまう為、
効率性の面では塗り薬の方が勝ります。
また、副作用として抗菌薬は皮膚常在菌のうち善玉菌まで殺してしまい、
最悪、耐性菌まで作ってしまう
可能性があります。

 

イオウ製剤の塗布

 

ニキビの角質そのものを剥がす為の初期のニキビに使用する塗布剤。
副作用は少ないが、刺激性が強い為、
赤みや、かゆみが出やすい成分です。

 

ケミカルピーリング

 

古い皮膚自体を剥がし、新しい皮膚の再生を促す方法。
(※保険適用外です。)
皮膚の再生サイクルのターンオーバーを待たずに
強制的に古い皮膚を剥がしてしまう方法です。
副作用が多く、お肌の弱い人にはおススメできない手術方法です。

 

 

気になる治療方法はあったでしょうか?

 

一般的に、専門の美容ケアクリニックなどで
治療する場合は治療後のケアや治療そのもの自体の
お肌のダメージに気を使っている所が多いですが
保険適用されていないクリニックも多いので高額になりがちです。
その点、皮膚科での治療は保険適用の治療方法が多いのが特徴ですが、
お肌の弱い人などには治療の幅が限られてしまうという難点もあります。

皮膚科に行く前に自分でできること

 

リプロスキンという化粧水は知っていますか。

 

今まではニキビ痕のクレーター肌は病院での治療でしか治せない
と言われてきました。
しかし、現在は、クレーター肌を改善できる化粧水もあります。

 

クレーター肌の原因は、肌のターンオーバーサイクル
(肌を正常な肌に再生させるサイクル)が完了する前よりも早く再度
ニキビが肌に発生してしまう「ニキビ肌サイクル」が原因です。

 

このニキビ肌サイクルとは、再生された肌もニキビになりやすい乾燥肌
であるのが特徴ですが、リプロスキンはこの再生する肌そのものを
トリプルブースターシステムにより潤い成分で潤してくれるため、
クレーター肌にも効果があるのです。

 

皮膚科治療を受ける前に、試してみてはいかがでしょうか。